--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 10. 20  
今でこそ「西風」ブログはこちらFC2で書かせていただいています(ツイートまとめ方式になっちゃってます)が、以前は明治図書さんが運営されてた「EDUブログ」で公開していました。

当時は毎月「0」の日に記事をアップする

といった目標を立て、その通りではなかったもののえっちらおっちら続けさせていただいていました。


充実した取り組みではありませんでしたが、多くの方にご訪問いただき、ご指導や励ましコメントを通して、多くの実践者さんや保護者様と出会うことが出来ました。
このような発信をしてなかったとしたら、きっと今の私はいなかったと思っています。

このように、皆様に育てていただいた「EDUブログ版 西風~LDのお子さんとともに~」がサイト閉鎖に伴い閲覧が出来なくなります。



ここ数日、すべての記事を読みかえしてみました。
これまでの足跡が思い出され、しみじみとした気分でもあります。


「LD通級はどうあるべきか」

このことばかりを考え、悩み、試しながら取り組んできました。
まだ、わからないことばかりですが、私なりの思考の過程として、その時期にどんなことをどんなスタンスで思っていたのか、記事を読むと思い出されます。



実はすべての記事はこちらFCブログ版に移しているのですが、体裁まではうまくコピーされず、読みにくい物となってしまっています。

もし過去の記事に興味をお持ちいただける方は10月末までに「EDUブログ」へお立ち寄りください。

EDUブログ版 西風~LDのお子さんとともに~

でもやっぱり寂しいなあ~
スポンサーサイト
2010. 12. 30  
日本海側を覆う低気圧で、荒れた天気となりそうです。 大掃除に年賀状にと2010年の締めくくりに向けて大わらわな毎日を過ごしています。 もうちょっと計画的にしとけばよかったなあ・・・と毎年思うのですが、改善されないということは、「ぎりぎり間に合う」という計画を自分で立てているのでしょうね。 そういえば、いろんな締め切り物や各種提案もぎりぎりまで動かないくせに当日はなんとかなってきました。そんなこんなで大失敗していない(大失敗に気づいてない?)ことも、そんな自分を強化しているのでしょう。 LD通級指導教室の担当者として5年目の今年も、子どもたちや保護者の皆さん、また同僚や仲間に助けられ、なんとか年の瀬を迎えることが出来ました。 いろんなことがあった今年ですが、終わってみると何が何やらばたばたとでした。 でもこうしてブログで記録しておくと落ち着いて振り返ることが出来ますね。 久しぶりに自分の記事を読みかえし、今年の出来事の中でなかなかインパクトのあったトピックを3つ選んでみました。 <色:#0000ff>?「見るを高めるシンポジウム」IN長崎を開催 記事はこちらです 今年の一番のイベントはやはりこれでした。 10月のLD学会で自主シンポを行うため、その予行も兼ねて企画したのですが、準備や当日の運営また、事後の処理などとてもとても私一人では実現できませんでした。 司会をお願いした上に親の会さんや県内のOT会の後援をとりつけご案内いただいた岩永先生、県内全域の保育所へ連絡をしてくださった町内保育所の所長先生、講師の北出先生と連絡を取り合ってくれた中村さん、診療でお忙しいところに関わらずきっちりと内容を整えてくださった徳田Dr、そして案内文書の発送から当日の受付までてきぱきと働いてくれたHANDSのみんな 定員を超える参加者の皆さんにももちろん感謝しています。 ほんとにほんとにありがとうございました。 <色:#0000ff>?SENS指導実習に参加 このことは記事にはしていませんが・・・ 8月の終わりに神戸で行われた特別支援教育士の指導実習 これもまたインパクトがありました。 一人のお子さんをトータルにアセスメントし、具体的な支援にどのように結びつけていくのか、その道筋をコンパクトに再現したどっていくプロセスは実際的でありましたし、様々な人間性の集合体であるグループで練り上げていくプロセスは、まさに「支援会議」 それぞれの持ち味や立場からの意見を尊重しつつ、モアベターを探る話し合いを経験させていただいたこと自体が貴重でした。 3日間共に考えた皆さんとの出会いも今年の宝物です。 <色:#0000ff>?禁煙しました 記事はこちらです 一念発起し2月1日より始めた「禁煙道」 中枢神経を刺激するお薬と認知行動療法(禁煙本)により無事に禁煙達成しました。 今も楽々と継続しています。 ここ数年テレビでタバコのCMが無くなったり、ドラマなどで喫煙シーンを見かけなくなったりしていることは皆さんご存じだと思われます。 喫煙者だった頃は特になにも感じていませんでしたが、禁煙してはじめてその大切さに気づきました。 ドラマの1シーンやCMを見ると喫煙時の「甘い記憶」をフラッシュバックするんですね。 仕事をやり遂げた一服、食後の一服、目覚めの一服 「格別な一服」の味が映像により呼び覚まされてしまうのです。 ではタバコを吸いたくなるのか・・・というと これもちょっと違います。 タバコの煙を嗅ぐと、あら不思議「吸いたくなくなっちゃう」んですよね 中枢神経を刺激し、ニコチンを欲する受容体(α4β2)をだまくらかしているので、タバコの煙にあるニコチン成分を吸っても「もう満腹」状態となってしまっているのです。 これは不思議な体験でした。 そして薬の作用も抜けきった今もその感覚は続いています。 これこそ脳内にニコチン受容体がなくなった証しなんでしょうね。 いろいろあった2010年 よいこともあれば、悔しかったり、悲しかったりしたこともありました。 残念な別れもありましたし、素敵な出会いもありました。 一つ一つの出来事がよりあってこそ、今日の自分がいるのでしょう。 「来年どうしよう」 なんて大きな目標を立てるのは得意ではありませんが、 強いていうなら、来年もお子さんたちと大笑いしながら楽しく働きたいなあ 年が明けても焦らず慌てずに取り組んでいきたいと思っています。 皆さんもよいお年をお迎えください。
2010. 12. 30  
日本海側を覆う低気圧で、荒れた天気となりそうです。 大掃除に年賀状にと2010年の締めくくりに向けて大わらわな毎日を過ごしています。 もうちょっと計画的にしとけばよかったなあ・・・と毎年思うのですが、改善されないということは、「ぎりぎり間に合う」という計画を自分で立てているのでしょうね。 そういえば、いろんな締め切り物や各種提案もぎりぎりまで動かないくせに当日はなんとかなってきました。そんなこんなで大失敗していない(大失敗に気づいてない?)ことも、そんな自分を強化しているのでしょう。 LD通級指導教室の担当者として5年目の今年も、子どもたちや保護者の皆さん、また同僚や仲間に助けられ、なんとか年の瀬を迎えることが出来ました。 いろんなことがあった今年ですが、終わってみると何が何やらばたばたとでした。 でもこうしてブログで記録しておくと落ち着いて振り返ることが出来ますね。 久しぶりに自分の記事を読みかえし、今年の出来事の中でなかなかインパクトのあったトピックを3つ選んでみました。 <色:#0000ff>?「見るを高めるシンポジウム」IN長崎を開催 記事はこちらです 今年の一番のイベントはやはりこれでした。 10月のLD学会で自主シンポを行うため、その予行も兼ねて企画したのですが、準備や当日の運営また、事後の処理などとてもとても私一人では実現できませんでした。 司会をお願いした上に親の会さんや県内のOT会の後援をとりつけご案内いただいた岩永先生、県内全域の保育所へ連絡をしてくださった町内保育所の所長先生、講師の北出先生と連絡を取り合ってくれた中村さん、診療でお忙しいところに関わらずきっちりと内容を整えてくださった徳田Dr、そして案内文書の発送から当日の受付までてきぱきと働いてくれたHANDSのみんな 定員を超える参加者の皆さんにももちろん感謝しています。 ほんとにほんとにありがとうございました。 <色:#0000ff>?SENS指導実習に参加 このことは記事にはしていませんが・・・ 8月の終わりに神戸で行われた特別支援教育士の指導実習 これもまたインパクトがありました。 一人のお子さんをトータルにアセスメントし、具体的な支援にどのように結びつけていくのか、その道筋をコンパクトに再現したどっていくプロセスは実際的でありましたし、様々な人間性の集合体であるグループで練り上げていくプロセスは、まさに「支援会議」 それぞれの持ち味や立場からの意見を尊重しつつ、モアベターを探る話し合いを経験させていただいたこと自体が貴重でした。 3日間共に考えた皆さんとの出会いも今年の宝物です。 <色:#0000ff>?禁煙しました 記事はこちらです 一念発起し2月1日より始めた「禁煙道」 中枢神経を刺激するお薬と認知行動療法(禁煙本)により無事に禁煙達成しました。 今も楽々と継続しています。 ここ数年テレビでタバコのCMが無くなったり、ドラマなどで喫煙シーンを見かけなくなったりしていることは皆さんご存じだと思われます。 喫煙者だった頃は特になにも感じていませんでしたが、禁煙してはじめてその大切さに気づきました。 ドラマの1シーンやCMを見ると喫煙時の「甘い記憶」をフラッシュバックするんですね。 仕事をやり遂げた一服、食後の一服、目覚めの一服 「格別な一服」の味が映像により呼び覚まされてしまうのです。 ではタバコを吸いたくなるのか・・・というと これもちょっと違います。 タバコの煙を嗅ぐと、あら不思議「吸いたくなくなっちゃう」んですよね 中枢神経を刺激し、ニコチンを欲する受容体(α4β2)をだまくらかしているので、タバコの煙にあるニコチン成分を吸っても「もう満腹」状態となってしまっているのです。 これは不思議な体験でした。 そして薬の作用も抜けきった今もその感覚は続いています。 これこそ脳内にニコチン受容体がなくなった証しなんでしょうね。 いろいろあった2010年 よいこともあれば、悔しかったり、悲しかったりしたこともありました。 残念な別れもありましたし、素敵な出会いもありました。 一つ一つの出来事がよりあってこそ、今日の自分がいるのでしょう。 「来年どうしよう」 なんて大きな目標を立てるのは得意ではありませんが、 強いていうなら、来年もお子さんたちと大笑いしながら楽しく働きたいなあ 年が明けても焦らず慌てずに取り組んでいきたいと思っています。 皆さんもよいお年をお迎えください。
2010. 08. 20  
大変ご無沙汰となりました。 しばらく元気が湧き出ず、出そうとも思わずに過ごしておりましたが、そろそろ動き出さなくちゃと思っております。 今夜(8月20日)の夜行バスで神戸に向かい、SENS指導実習に参加です。 このイベントをとっかかりに、もう一度初心に戻り取り組んでいければなあと考えているところです。 関西指導実習に参加される皆様、どうぞよろしくお願いいたします。 また、ご心配をいただいた皆様、ありがとうございました。
2010. 08. 20  
大変ご無沙汰となりました。 しばらく元気が湧き出ず、出そうとも思わずに過ごしておりましたが、そろそろ動き出さなくちゃと思っております。 今夜(8月20日)の夜行バスで神戸に向かい、SENS指導実習に参加です。 このイベントをとっかかりに、もう一度初心に戻り取り組んでいければなあと考えているところです。 関西指導実習に参加される皆様、どうぞよろしくお願いいたします。 また、ご心配をいただいた皆様、ありがとうございました。
応援クリックをよろしくお願いします
すべてのお子さんの笑顔のために
プロフィール

nishikaze8

Author:nishikaze8
子どもたちとの学びは発見と感動の連続です。

将来の自立に向け、常に根拠のある関わりができるように心がけたいと思っています。

特別支援教育士
臨床発達心理士
ビジョントレーニングインストラクター

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ご訪問いただきありがとうございます
全国からご訪問ありがとうございます

ジオターゲティング
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。