--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 05. 30  
特別支援教育に関するお話の依頼を受け、29日に講演を行いました。 皆さん忙しい金曜日の夜でしたが、多くの方にお集まりいただき、楽しくお勉強をさせていただきました。 勤務時間終了後、いわば余暇時間をさいて集まってくださった皆さんに感謝です。とともに、熱心な姿勢に私の方が元気をいただいた思いをしています。 同時処理が苦手な私は、講演準備に入るとそれ以外のことへの注意の振り分けがうまくできません{落ち込み} 「通級の時間割について」もまとめていきたいのですが、今回は講演の内容をまとめ直したいと思います。 今回の講演のお題は4つでした。 ?LD偉人伝 ?子どもの行動の理解(応用行動分析学の視点から) ?LD疑似体験 ?よりよいインクルーシブな教育を求めて ?LD偉人伝  歴史的な発明をしたり、社会的、文化的に貢献されたりした偉人の中には、その生い立ちを見るとLDやADHDを疑われる方が多くおられます。そのような方の生きざまをクイズ形式で振り返りました。  あらためて調べ直すと、偉人の陰には、理解する両親や友人、特性に応じた進路を提案する教師、また、本人独自の苦手さを補う工夫があるように感じます。    このことからも、周囲の理解と適切な支援の大切さをお伝えしました。 ?子どもの行動の理解(応用行動分析学の視点から)  「行動は先行条件により引き起こされ、結果条件により強化(弱化)される」原則を通し、目の前の行動を、前後の関係性により理解する大切さをお話ししました。  シェイピングやチェイニング、トークンエコノミーなどについて、具体的な支援を交えながら、話させていただきました。 ?LD疑似体験  講演のサブテーマに挙げていましたので、楽しみにしておられる方も多かったようです{ドキドキ小}  今回は、「不注意により指示を聞き洩らしてしまうお子さん」の疑似体験と、「音読の苦手なお子さん」の疑似体験を行いました。  これまでも、なんどか疑似体験を行ってきましたが、やはり毎回盛り上がります{炎}  私自身は、体験を皆さんにしていただきながら、これらを引き起こしている一因に我々教師のかかわりがあるのではないかと内省しながら行いました{困った}  疑似体験を通して、困っているお子さんをみつめ、どう理解したらいいのか、どう接したらよいのか、少しでも先生方に立ち止まっていただければありがたいですね。 ?よりよいインクルーシブな教育を求めて  西風自身がとらえる、インクルーシブな学校の姿について、概念的でしたがまとめに代えてお話しさせていただきました。  一番最後のスライドに書かせていただいた、参加された皆さんへのメッセージを転記いたします。 「隣の席の友だちとの違いを理解し、尊重する、グループも学級も学年の友だちも、学校で過ごすみんなの違いを認め合う。 そんな中でこそインクルーシブな学校の素地が作られると思っています。 そして、そんな学校を巣立った子どもたちにより、近い将来、真にインクルーシブな社会が創造されていくことを願っています。 私たち教師が、子どもを理解しようとする姿、子どもの特徴を尊重する姿、なにより、個に応じる具体的な姿を、子どもたちはきっと見ている。きっとお手本にしてくれる。と、信じています。 これからも、互いに頑張りましょう」  長文おつきあいありがとうございました。  プレゼンの資料を見ていただける方はPDFファイルにてお送りしますので、プロフィール欄に書いておりますアドレスまで直メールください。(いたずら防止のため、所属やお名前などをご記入ください)
スポンサーサイト
応援クリックをよろしくお願いします
すべてのお子さんの笑顔のために
プロフィール

Author:nishikaze8
子どもたちとの学びは発見と感動の連続です。

将来の自立に向け、常に根拠のある関わりができるように心がけたいと思っています。

特別支援教育士
臨床発達心理士
ビジョントレーニングインストラクター

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2009年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ご訪問いただきありがとうございます
全国からご訪問ありがとうございます

ジオターゲティング
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。